まつエクをすれば厚化粧する必要なし|素顔に自信を

ナチュラルな仕上がり

まつエク

まつエクが人気の理由は、自毛のように見える長くふさふさとしたまつげを手に入れられることです。カールや毛の太さ、毛の量、毛質などをコントロールすることによって、理想通りの目元を実現できるのも、まつエクが人気の理由と言えます。

油分を綺麗に落とす

目元

まつエクをつける手順は、まず最初に、まつげから油分を綺麗に落とします。そして、グルーをつけたエクステを自まつげの根元から2ミリほどの場所につけます。つけ終わったら、ドライヤーの冷風で乾かし、コーティング剤を塗って完了です。

まつ毛で印象を変える

まつげ

まつエクは全国の店舗で手軽に施術を受けることができます。まつエクとは、まつ毛にエクステンションをつけることで、メイク時間を短縮する魅力的な施術です。しばらくすれば取れてくるので、定期的に、メンテナンスが必要となりますが、長くて量も多い素敵なまつ毛を手に入れることができます。

スッピンでも自信が持てる

目元

朝のメイク時間短縮

数年前から若い女性を中心に、じわじわと浸透し、今や主流となっているまつ毛エクステことまつエク。まつエクとは、その名の通りまつ毛に付けるエクステです。「付けまつ毛とどう違うの」という声もよく耳にします。付けまつ毛はまつ毛の生え際付近の皮膚に専用接着剤で付けるのに対し、まつエクはまつ毛1本1本に、(基本的には)1本ずつ付けていくのです。マスカラを何回も重ね塗りするよりもボリュームも出て、付けまつ毛よりも一層ナチュラルな印象を与えることができます。さらに、まつエクを付けることで、アイラインを引いたぐらいの目がパッチリとするのです。まつエクの魅力はそれだけではありません。メイクを落とした後も、バッチリ残っているので、スッピンが華やかな印象になります。また、朝のメイクもマスカラや付けまつ毛を付ける手間がないため、時間を短縮することができます。アイシャドウのみでもしっかりとメイクをしているように見えるため、かなり楽になるといえるでしょう。そんなまつエクですが、デメリットももちろんあります。まず、まつ毛に直接付けているのでまつ毛に対して負担が大きいことです。気になって触ってしまったり、目をこすってしまうと、まつエクだけでなく、まつ毛もろとも抜け落ちてしまうことも。まつエクを長持ちさせるためには、まつ毛美容液などでまつ毛自体をしっかりと補強するほか、メイク落としの時もオイルクレンジングは使わず、優しく落とし、洗顔後や入浴後はドライヤーの冷風で乾かすなどの工夫が必要です。少しの工夫で持ちが変わってきますので、試してみてくださいね。